東京中央美容外科 仙台院
MENU

小顔になるために口角体操を行いますけど贅肉をとるんですね??骨格自体を変えたいのですが、整形をしたら小顔になれるんでしょうか??

口角体操は贅肉をとるのではなく顔の筋肉を鍛える運動です。贅肉を取ることはできません。贅肉(=脂肪)をとるにはMITIやBNLSなどの脂肪溶解注射が効果的です。
また、骨格自体を変えるには骨削りや骨切り術というものがありますが、合併症が多くダウンタイムが長い手術です。
顔が大きく見える原因は骨格以外の脂肪や筋肉が原因であることがほとんどなので、最新の美容外科では脂肪溶解注射に次のような美容ケアを組み合わせて、骨格自体を変えるよりもより効果的に小顔にしていきます。
①エラボトックス
エラが張って顔が大きい人のほとんどは、エラ骨ではなくその上にある咬筋が強く張っているため顔が大きく角ばって見えているのです。ボトックスで余分な咬筋を抑えることでしっかりとした小顔効果が期待できます。
②ヒアルロン酸リフト
顔全体のバランスが上に向かうように、頬近くの痩けた部分を立体的にヒアルロン酸で補います。
③糸リフト
重力で下がってきた皮下組織を糸で上げていきます。特にフェイスラインのたるみが原因で顔のバランスが悪く大きく見える場合、糸リフトはかなりの効果が現れます。
④切開リフト
皮膚のたるみが強くて余った皮下組織がとても多い場合は、切開リフトをすることで引き上げつつ余った皮下組織を取り除くことで大きな小顔効果があります。