東京中央美容外科 仙台院
MENU
東京中央美容外科 仙台院電話link
東京中央美容外科 仙台院web予約link

豊胸手術の失敗とはどんな状態ですか?
胸が固くなったり、しこりが出来たり、というのはよく聞きますが、
他にも何かありますか?

豊胸手術で満足のいく結果が得られない状態というのは、触感や見た目に違和感を感じることが原因となる場合と、予測できない合併症が起こった場合とが考えられます。

①触感や見た目に違和感を感じる場合
固さやしこりは、ヒアルロン酸による豊胸術の場合はヒアルロン酸を皮下組織以外の部位(乳腺や大胸筋内など)に注入した場合に起こります。バッグによる豊胸術の場合は挿入時にバッグが折れ曲がったりシワができたりしたときに起こります。
見た目の違和感は、いびつな形に注入・挿入してしまった場合や明らかに左右不均等な量を用いた場合に起こります。

②予測できない合併症が起こった場合
予測できない合併症としては術後内出血や細菌感染、乳腺炎などがあります。ヒアルロン酸による豊胸術、バッグによる豊胸術どちらの場合も起こりうる合併症ですがいずれも予測は難しく、特に細菌感染が起こった場合は抗生剤治療が必要になります。
バッグによる豊胸術では、稀に時間がたった後に破損するという報告があります。