東京中央美容外科 仙台院
MENU

今年で高1なんですが、左右の胸の大きさが違って悩んでいます。
左右ワンカップぐらいの差があり、形も少し違います。かなり不格好な気がしてとても恥ずかしいです。

胸の大きさに左右差があることは、珍しくありません。1カップくらいの左右差であれば、生活習慣や利き腕、本能的要因によるところが大きいと思われます。

生活習慣とは、日常生活におけるクセです。寝る姿勢脚を組むクセ、荷物をどちら側でよく持つか……なども左右差の原因となってきます。私たちが普段何気なくしている行動も、長い時間をかけると大きな変化を体にもたらしていきます。
利き腕側はよく動かすため、それだけ脂肪は消費されるので利き腕側のバストが小さいケースが多いようです。
本能的要因とは、頭、ワキ、陰部など体の大切な場所や致命傷になり得る場所には毛が生えます。これは、外傷から身を守る本能であるということができます。同じく、脂肪も外からの衝撃から体を守るためについています。お尻や太ももの脂肪が厚いことにも意味があります。それを考えると、バストの脂肪は胸部を守る=心臓を守る役割があるといえます。心臓は左側にあるので、左側のバストが右側よりも大きくなる傾向があるのです。
バストの左右差をなくしたい、という声はもっともだと思いますが、バストの左右差がない人間はいないので、左右の違いにだけ捕らわれるのはいいことではないでしょう。
それでもどうしても左右差がきになる方は美容クリニックでバストの大きさを微調整する方法もあるので一度試してみるのもいいかもしれませんね。