東京中央美容外科 仙台院
MENU
東京中央美容外科 仙台院電話link
東京中央美容外科 仙台院web予約link

二重まぶた全切開

厚く重いまぶたを根本治療。半永久的な二重術。
埋没法では二重を維持するのが難しい方に。幅広ではっきりくっきりした二重に仕上げます。

SUMMARY施術の概要

二重まぶた全切開画像

埋没法では二重になりづらい方のための治療法です。

埋没法では二重を維持できない方のための治療法です。まぶたの皮膚が特に厚い、皮膚が硬くて張っている、蒙古ひだが強く張っているなど、埋没法では処理しきれない場合に行います。
メスで皮膚を切開したのち、皮下組織を丁寧に処置し、切開したラインに頑丈な二重を作ります。
長いダウンタイムを要しますので、最低でも1週間程度のお休みが取れることが前提となる施術です。
切開による確実で半永久的な効果が望めるので、先述の埋没法では対応が難しい方だけでなく、確実に戻らない二重を希望される方、より幅の広い二重を希望される方向けの施術です。

  1. 施術時間

    30分程度

  2. ダウンタイム

    2週間

  3. 完成まで

    1ヶ月

  4. 通院

    1週間後に抜糸

こんな方にオススメ
戻らない二重がほしい方
まぶたの皮膚が特に厚い方
幅広な平行型の二重にしたい方
回復のためのお休みをしっかり取れる方

二重まぶた・全切開法の仕組み

二重まぶたを希望される方の中には、まぶたの厚みが強く、皮膚が硬くて張りがあり、蒙古ひだが強く張っている等、どうしても埋没法では二重を維持するのが難しい方に行う場合が多いです。
蒙古ひだが張っている基準となるのは目頭側の白目の部分やピンク色の結膜・涙丘(るいきゅう)が見えているかで判別することが可能です。

蒙古ひだの基準画像

蒙古ひだの張り具合の基準

目頭のところに、上眼瞼からつながる縦のラインがかぶさっているかどうかで判断もできます。全般的に目もとが重い方に多く見られます。

蒙古ひだの無い目もと画像

蒙古ひだが張っていない目もと

蒙古ひだは張りを解消したい場合は目頭切開などで解消することも可能です。理想の二重を目指す場合に複数の施術を行う事も珍しくはありません。

全切開法は施術手順はまぶたのヒダに切開予定ラインを入れライン上を切開していきます。切開部から腫れぼったさが原因の場合、脂肪を取り除き挙筋腱膜(挙筋腱膜とはまぶたを持ち上げる筋肉とまぶたの芯を担っている瞼板を覆っている膜になります。)と皮膚を縫合固定します。
切開部位を縫合し約1週間程度経過しますと抜糸後二重部位の皮膚と挙筋腱膜が癒着しているため二重ラインは残り続けます。

全切開イメージ01

余分な眼瞼内脂肪やROOFを取り出す

まぶたの腫れぼったさが原因の場合が切開部位から脂肪を取り出します。

全切開イメージ02

挙筋腱膜と皮膚を縫い止めて固定

これにより、自然の二重と同じ原理でまぶたの皮膚が畳まれるようになる。
挙筋腱膜が皮膚と結合するため自然な二重のラインが完成。

全切開では二重まぶた効果以外に目の縦幅を広げることも可能です。
但し横幅を広げる為には目頭切開や目尻切開などを行わないと効果は得られません。
また、埋没法よりも回数を重ねた場合のリスクがあり切開法を行う患者様に対しては「幅の変更は出来ませんが宜しいですか?」と確認をしてからの治療になります。
例外として手術から10年程度経過して瞼の皮膚がたるんで来た場合にたるんだ皮膚を切り取る「上まぶたのたるみ取り」という切開法を行う場合があります。
現在一般的な美容クリニックにおける切開法の位置付けとしては埋没法を繰り返し行ったにもかかわらず瞼の厚みなどが原因で二重が戻ってしまう場合に限り最終選択肢としての切開法という位置付けです。

二重術全切開の特徴

基本的にはじめて二重術を行う方には埋没法をおすすめしていますが、体質上どうしても埋没法では二重を維持することが難しい方がいます。全切開法はそういった方に対して行う場合が多いです。
上記のような方は蒙古ひだが強く張っていることが多く、切開法と同時に目頭切開を行うことでより自然な二重を作ることが可能ですので、ぜひご相談ください。
切開法は幅広の二重を作ることももちろんですが、何よりそのラインを半永久的に維持できることが最大の魅力です。埋没法で一度二重を作ってみて、その形が気に入ったら切開法で永久的に持続させる、というプランもおすすめです。

全切開のアフターケア

全切開後のご自身によるアフターケアは不要です。クリニックで処方された抗生剤を飲みきってください。1週間を目処に抜糸を行い、その後も当院で責任をもって経過を見させていただきます。
ご自身での創部(施術部位)への消毒、軟膏塗布や温める・マッサージはお控えください。
また、飲酒・喫煙も傷治癒の遅延になりますので、できればお控えください

PRICE料金一覧

基本施術プラン
切開法二重術 スタンダード 82,000円
切開法二重術 スタンダード 170,600円
切開法二重術 ロイヤル 429,800円
切開法二重術 ロイヤル+クイックデカ目術 645,800円

施術プラン違い

切開法|スタンダード
強固な二重を作りたい方へ。切開法のスタンダードプラン。
切開法|ロイヤル
デザイン性を高めつつ、特殊な器具で負担を軽減したハイグレードプラン。

※ この他にも複数の施術プランを用意しています。詳しくはクリニックでご相談ください。

MERIT&DEMERIT施術のメリット・デメリット

確実で永続的な二重まぶたができる
基本的に初めて二重にする方には埋没法を勧めていますが、中には、まぶたの厚みが強く、皮膚が硬くて張りがあり、モウコひだが強く張っている等、どうしても埋没法では二重を維持するのが難しい方に行う場合が多いです。
埋没法は基本的に人生の間で三回程度までなので、その後の選択肢として。
埋没法は基本的に人生の間で三回程度にしましょう。と患者様に伝えていますが、何度も埋没法をしているがなかなか固定せずラインが薄くなってしまう場合等も切開法を選択するともう戻る心配をする事もありません。
ダウンタイムが長く一定のお休みが必要

腫れや傷は手術法の進化によりかなり少なく出来るようになりましたが一週間程度のお休みを取れる時に治療をしましょう。
仕事が忙しい方や長期休暇の取得が難しい方にはオススメ致しません。

後戻りができない
まぶたにメスで切開しますので、埋没法の様に糸を外して元通りとはいきません。

関連の施術はこちら