東京中央美容外科 仙台院
MENU

DOCTORTCB仙台院・ドクター紹介

私たち東京中央美容外科仙台院は
患者様のお悩みを解決し、笑顔でお帰りいただけますよう
確かな技術と最新の治療を皆様にご提供いたします。

MESSAGEごあいさつ

当クリニックのオフィシャルサイトにお越しいただきありがとうございます。東京中央美容外科 仙台院 院長の安本 匠です。

可愛くなりたい、きれいになりたい、いつまでも若々しくいたい、素敵なまま年齢を重ねたい。これらは若い女性はもちろん、すべての人が持っている共通の願望ではないでしょうか。

美容外科といえば、一部のお金持ちの方々が、密かに、切開を伴うような大掛かりな手術を行って、場合によっては不自然な整形顔になってしまう、というのが多くの方がお持ちのイメージかと思います。また、よく説明もないまま施術され、大金を請求されるという、ダーティーなイメージをお持ちの方もいらっしゃるとか思います。私自身、美容外科医になる前は似たようなイメージを持っていました。

仙台院院長安本匠画像

近年、美容医療の技術の発達は目覚ましく、ヒアルロン酸やボトックス注射、極細の糸や針を用いた施術、レーザーによる施術などの普及が進み、美容医療がより身近な存在になりました。腫れや内出血など、ダウンタイムがほとんどない施術が主流になり、注射でちょっとだけ鼻を高くしたい、小ジワを目立たなくしたい、二重の幅を広げたいなど、いわゆるプチ整形というような施術を、メイクするような感覚、エステや美容室に通うような感覚で、お求めやすい価格でお受けいただくことが可能となりました。もちろん、当院は切開を伴う本格的な美容整形にも対応しております。

当院では患者様のお話をしっかりと伺って、コンプレックス解消のため、理想の自分に近づけるために、専門的な見地からどのような施術を行うとよいのか、数パターンの施術をご提案いたします。そして、ご予算や取れるダウンタイムなどに応じて、患者様自身で行う施術をお選びいただいております。また、術式、一般的な経過、リスク、価格などについて、施術前に患者様にご説明し、ご納得いただいた上で安心してお受けいただけるように配慮しております。術後のアフターケア、修正なども当院で責任を持って、すべて無料にて対応させていただきます。

ABOUT院長について

"美容外科の匠"Dr安本のプロフィール

仙台院院長安本匠プロフィール画像

東京中央美容外科仙台院 院長
安本 匠 (やすもと たくみ)
▶ 院長ブログ 美容外科の匠
▶ 院長 Twitter

  • 経歴
    2010年山形大学医学部卒業同附属病院循環器病センター
    2011年山形大学医学部附属病院救命救急センター
    2011年日本海総合病院外科医員
    2012年山形大学医学部附属病院心臓血管外科医員
    2013年日本海総合病院心臓血管外科副医長
    2014年山形大学医学部附属病院心臓血管外科病院助教
    2015年東京中央美容外科入職
  • 備考
    日本外科学会専門医
    日本心臓血管外科学会会員
    日本血管外科学会会員
    日本胸部外科学会会員
    アメリカ心臓協会
     BLS/ACLSプロバイダー取得
    日本救急医学会ISLS取得
    緩和医療学会緩和ケア研修修了

心臓血管外科で磨き抜いた匠の技美しい二重まぶたを作り出す秘技とは…

長年、総合病院の心臓血管外科に携わってきたDr.安本。 心臓血管外科では「7-0規格」という髪の毛よりも細い縫合糸を用いて、直径僅か1~2mmの血管を縫合する手術を行う。この心臓血管外科で培った繊細な技術は、今日のDr.安本にとって、美容外科医としての技術の礎となっている。

二重術では極細の針を用いて麻酔を施す。針が細いほど痛みは少ないが、細い針は扱いが非常に難しい。Dr.安本は、この細い針の先端のみを刺入し、痛みと出血を極限に抑えた麻酔法を用いる。まぶたの縫合に関しても、心臓血管外科で培った技術を活かし、粘膜の毛細血管を避けて刺入する、ほんの僅かの針穴から再度刺入、刺出するといった、非常に高度な手技で腫れや内出血などのリスクを抑えている。

「二重術は、美容外科手術の中でもっとも印象を変えることができる施術です。施術を終えた患者様が初めて鏡を見た時に見せる笑顔と感動は、美容外科医としての大きな醍醐味、やりがいです。文字どおり、二重術で人生が変わる患者様もおり、そのような人生の重大な転機に関われることは医師としての大きな喜びでもあります」 Dr.安本は二重術についてこう語る。その言葉は、確かな技術と自信があるからこそ紡がれるもの。 仙台市で二重整形をお考えの方は、ぜひTCBグループ二重施術症例数No.1 ”二重整形の匠” 安本 匠に一度ご相談してみてはいかがだろうか。

仙台院院長

― ここがすごい! TCBグループが語るDr.安本の魅力 ―

東京中央美容外科総括院長 青木 剛志より

安本先生は東京中央美容外科にとってなくてはならない存在であり、私の一番弟子でもあります。

私はこれほどまでに真剣に、自分以外の人間に自分の考え方や生き方を伝えたことはありませんでした。どんな些細なことでも常に私の目をまっすぐに見つめて真剣に頷く安本先生の姿勢は、今でも脳裏にしっかりと焼き付いています。

安本先生の魅力① 共感力

私がスタッフとのつながりについて熱く話していたとき、安本先生は涙を流してそれを聞いていました。

これはなかなかできないことです。それほどに情に厚く、共感力がある先生です。それは美容外科医としてもっとも大切な、患者様の気持ちに共感できる能力を備えている証だと思います。

安本先生の魅力② 穏やか力

仙台院はスタッフ数20名以上という東北ではトップクラスの大規模院ですが、常に院内の雰囲気がとても良いです。オープン当初から安本先生と共に仙台院を支えてくれているスタッフがたくさん在籍しています。

どんな問題が発生しても、穏やかに慌てず落ち着いて、おおらかに対処していける能力こそ、安本先生の最大の魅力だと思います。

安本先生の魅力③ 極め力

患者様が美容外科医にもっとも求めるのは、細部にわたる仕上がりです。穏やかな性格に相反して技術的に細部にまでこだわる姿勢は、まさに職人『匠』です。

一切の妥協を許さない技術に対するこだわりが、スタッフ、そして患者様に支持される理由だと思います。

美容クリニックですべてを任せられる主治医に出会えることは、たいへん幸運なことです。過去に会ったどんな先生よりも「この先生に任せたい」と思わせる魅力が安本先生にはあります。
是非一度、安本先生に会いに来てください!

仙台院スタッフより

美のセンス・笑いのセンス・食のセンスを兼ね備えた美容外科の王子様

患者様の美しくなりたいというお気持ち、要望やお悩みを親身になってしっかりと聞いて、理想に近づくための最善の処置・治療を施してくださる安本先生は患者様の信頼も大きく、先生ご指名のリピーター様はとても多いです。私たちスタッフから見ても、いつも爽やかで品があり、男性からも女性からも憧れる存在です。美というものに対してとても気を使われており、そしてとても敏感なのだと感じます。以前から通院されている患者様はもちろんのこと、ご新規の患者様にもお一人おひとりに丁寧な診察を行い、常に患者様のことを考えていらっしゃいます。

そして、スタッフを大切に思ってくれる素敵な先生です。物腰柔らかで穏やか、何か問題が発生したときはスタッフの話にしっかりと耳を傾け、具体的な対応策を最後までいっしょに考えてくださるので、とても頼れる先生です。いつも冷静な先生ですが、そんなクールな表情からは想像もできないユーモアとセンスをお持ちで、繰り出される言葉ひとつで院内の空気をいつも温めてくれます。先生が出張からお戻りになった際などにいつもお土産をいただくのですが、食のセンスも抜群で、スタッフ一同いつも目を輝かせています。そんな部分からも女性心をわかっていらっしゃる先生なのだなと感じます。

患者様にもスタッフにも誠実な安本先生だからこそ、私たちも誠実な仕事ができ、患者様にご満足いただける治療を提供できるのだと思います。

― “美容外科医” 安本 匠の誕生 ―

美容外科医安本匠の誕生画像

幼いころから手先が器用で、工作や絵を描くことが好きだったDr.安本。「自らの手で困っている人を助けたい」という一心で、将来は外科医となることを心に決める。そして、外科学の中でも特に繊細な技術やデザイン力が要求される心臓血管外科への道を選択、生命に直結する心臓外科領域で日々鍛錬を重ね、一流の外科医となる。

しかしながら、心臓血管外科医のQOL(クオリティ・オブ・ライフ=「生活の質」)は著しく低い。臨時手術で呼び戻されることは日常茶飯事、学術研究や教育にも時間を割かれ、愛する家族と顔を合わすことすらできない日々が続いた。そんな中、縁あってTCB青木剛志総括院長と出会い、「患者様と働くスタッフが幸せになれるクリニック」という理念に共感しグループに参画。医師である前に、ひとりの人間として家族を幸せにしたいという想いは、マイナスをゼロに戻すのではなく、ゼロからプラスを目指す美容外科領域において存分に発揮され、多くの人々に幸せを提供していくこととなる。

得意施術は心臓血管外科で培った縫合・結紮(けっさつ)の技術を十二分に活かした二重整形。心臓手術中の全身管理のノウハウを活かした適切な処置で、痛みの感じない施術を提供し、大好評を博す。

かくして”美容外科医”として新生したDr.安本は、東京中央美容外科の原点ともいえる福島院、および郡山院の院長を歴任し、2017年5月、満を持して地元仙台の地にTCB仙台院を開院する。現在は日々治療に精を出す一方で、TCB技術指導医として後進の育成にも注力している。

オフの日のDr.安本

趣味は読書と仙台市内のスイーツ店めぐり。

心臓血管外科医という職業柄、休日というものがほとんどなかったDr.安本。美容外科医となった現在は定期的な休日、そして家で過ごせる時間ができたため、今まで取ることができなかった家族との時間を大事にしている。

オフの日は子供と遊び、学校の行事にも積極的に参加する。「2児の父として育児にも参加できるようになり、日々子供の成長を実感できるのは親としてこの上ない喜び」と話す。

仙台院院長オフショット