東京中央美容外科 仙台院
MENU

COLUMN美容医療コラム

眼瞼下垂の保険適用

眼瞼下垂の保険適用

日常生活に支障が出る? ぱっちりきれいな目がほしいだけじゃない、日常生活へ回帰するための眼瞼下垂は保険が適用になるかも。

眼瞼下垂の保険適用

目次 [非表示]

眼瞼下垂をご存知ですか?

二重整形を検討している方でしたら、クリニックのホームページなどで情報を調べていくうちに「眼瞼下垂」という言葉を目にするのではないでしょうか。

二重整形、二重術というのは、目を大きく見せたい、目もとをキリッとさせたいというような美容的な理由からまぶたの形をデザインする施術です。

対して眼瞼下垂というのは、さまざまな要因によりまぶたをしっかりと開くことができず、日常生活に支障をきたしてしまう症状を指します。そして、その治療である眼瞼形成手術というのは日常生活への回帰、いわば「マイナスをゼロに戻す」という、形成外科領域の施術となります。

一般的に、二重術のような「より大きく、きれいな目になりたい」という、いわば「ゼロからプラスを目指す治療」というのは自由診療(各種医療保険が適用できない自費によるもの)となります。生命や日常生活に支障はないためです。

これが眼瞼下垂の場合、まぶたが目に被さって十分に開くことができず、常に上方の視野が狭い状態となります。また、まぶたを完全に開くことができない状態で無理に視野を広げようと力んでしまうことで、眼精疲労や頭痛などを引き起こす恐れもあります。そのため、重度の眼瞼下垂の場合は日常生活に支障をきたすものとして、保険が適用となる場合があります。美しくなるために二重にしたいのではなく、日常生活に支障をきたすがために二重にしたいという方は、保険適用の眼瞼下垂治療が受けられる眼科や総合病院が近くにないか調べてみるとよいでしょう。

ただし、一般的な病院で行う眼瞼下垂の治療というのは、あくまで身体の機能的な面での治療であり、ビジュアルなどの美容的な面を重視する場合は、専門の美容クリニックでの治療をおすすめします。もちろん、保険適用の手術で眼瞼下垂を治し、患部が十分に落ち着いたのちに、あらためて美容クリニックでゼロからプラスを目指す治療を行うということも可能です。

東京中央美容外科 仙台院院長・技術指導医 安本 匠

監修

東京中央美容外科 仙台院院長・技術指導医 安本 匠 (やすもと たくみ) 先生
▲ PAGETOP