東京中央美容外科 仙台院
MENU
東京中央美容外科 仙台院電話link
東京中央美容外科 仙台院web予約link

COLUMN美容医療コラム

【リフトアップ】顔に糸を入れるのは不安

顔に糸を入れるのってどんな感じ?

「顔の中に糸を入れるのが怖い」「手術中に痛さはあるの?」「手術自体のリスクについて知りたい」 糸によるリフトアップ “スレッドリフト” についてお話します。

リフトアップっていろんな方法があるけど何が違うの?

お顔の皮膚のたるみを、重力に逆らって引き上げて改善することで若返りを図る施術を「リフトアップ治療」といいます。皮膚を引き上げる方法はそれぞれで、美容業界には多種多様なリフトアップ治療が存在するため、どの治療を受けたらいいのか迷ってしまいますね。

しかし、本当の意味で「重力に逆らって」、皮膚を物理的に引き上げることが可能な施術は、実はふたつしか存在しません。

ひとつは、皮下組織に糸を挿入して皮膚を上方向に引っ張り上げる「スレッドリフト」。
もうひとつは、耳の前などを切開して筋膜からたるみを引き上げ、余分な皮膚を切除してしまう「切開フェイスリフト」です。

体外照射レーザーなどでリフトアップ効果を謳った商品も溢れていますが、これらの施術は重力に逆らって皮膚を引き上げたりする治療ではなく、あくまで「皮膚の引き締め」効果を狙った施術となります。

もちろん、それらの施術について否定するわけではありません。患者様がどのような効果を希望しているか、どの程度のダウンタイムを取れるのか。
人工物は入れたくない、注射ならしてもよい、糸なら入れても平気、切開してでも強い効果を出したい…そんなお一人おひとりの細かな要望に沿って、患者様ご自身が適切な施術を選択されることが、もっともよいリフトアップ治療なのではないかと思っています。

希望している効果が「引き締め」であれば、体外照射レーザーなどで十分に満足されることでしょう。ただ、もし「引き上げ」を期待しているのであれば、何回照射しても満足は得られないと思います。
単にほうれい線を目立たなくしたい、小じわを消したいという希望であれば、糸を顔に入れなくてもヒアルロン注射やボトックス注射で十分にご満足いただけると思います。ただ、皮膚のたるみ自体を上に引き上げてリフトアップさせたいという希望であれば、最低限スレッドリフトでお顔に糸を入れて引っぱり上げる必要性があることはご理解いただかなくてはなりません。

顔に糸を入れるのが怖い…

さて、リフトアップ治療について確認したところで、スレッドリフトの話をしたいと思います。
スレッドリフトはその名のとおり、皮膚下に突起などがついた糸を挿入してググッと皮膚を引っ張り上げる施術です。こうなると、必然的に「顔に糸を入れるってどうなの」という話になってきます。

第一に、「糸を入れるのが怖い」というのは、誰しもが抱く自然な感情だと思います。怖い理由として「手術の痛み」「手術自体のリスク」「人工物が入ることの漠然とした不安」などが代表的でしょう。

「手術の痛み」について

「手術の痛み」については、結論からいえば「麻酔の注射の痛み」が主であり、麻酔さえ効いてしまえば、手術自体はほとんど無痛です(痛みだけでいえば、体外照射レーザーのほうがよっぽど痛みが強い施術です)。
注射の痛みは、主に「刺すことの痛み」と「注入する痛み」に分けられます。刺す痛みは細い針を使用することで軽減されますし、注入の痛みも注入法を工夫することで軽減できます。ただ、それでもまったく痛みがないわけではありませんので、痛み対する不安が強い場合は点滴から鎮静剤を投与し(静脈麻酔)、眠った状態で施術することも可能です。

「手術のリスク」について

「手術のリスク」についてですが、そもそもの大前提として、どのような医療行為でもリスクが完全にゼロということはありません。それぞれのリスクを理解した上で、得られる効果がリスクに対して十分に高いと考えられる場合に医療行為を行う、というのが原則です。
そもそも美容医療は病気を治す治療ではないので、生きていく上で必ずしも必要がない医療行為を行うわけですから、医療機関としてもリスクが高いことは行いませんし、できるだけトラブルを避けたいので、リスクができるだけ小さくなるように施術するのが基本になります。
もっとも避けたいのが、元に戻すことができない「不可逆的な失敗」ですが、スレッドリフトにおける「不可逆的な失敗」というのは、ほとんど考えられません。スレッドリフトの代表的なリスクは腫れ、内出血、くぼみ・引きつれ、術後の痛み、感染となりますが、もちろんこれらが起きないように工夫して施術を施します。万が一それでも発生してしまったという場合、腫れ、内出血、くぼみ・引きつれ、痛みに関しては、時間が経てば自然に消失します。時間が経っても消えない、くぼみ、痛みや、糸の感染に関しては、最終的には糸を取り除いてしまえば解消されます。

「人工物が入ることの漠然とした不安」について

「人工物が入ることの漠然とした不安」に関しては、やはりとても気になる部分であると思われますが、今日の医学においては、体内に人工物が入るというケースはごくごく当たり前のことです。例えば骨折した際のボルトやプレート、歯科領域における差し歯など、これらは体内に入れる当初は不安や違和感というものがありますが、いずれ慣れてしまうものです、
スレッドリフトの場合も同様に、1ヶ月程度でツッパリ感などもなくなり、糸が入っていること自体意識しなくなってしまうのが普通です。糸が残り続けるのが不安という場合、一定期間で溶けてしまう糸を入れるという選択もあると思います。

上記を考慮してもやはり糸は入れたくないという場合、思い切って切開を行うか、リフトアップによる「引き上げ」は諦めて、ヒアルロン酸注射などを行っていくという選択になります。
他のリフトアップの詳細については、以降のコラムでも触れていきたいと思います。